沖縄の歴史的建造物は見ておきたい

沖縄では世界遺産が見逃せない!

沖縄といえば、海!と思っている人も少なくないと思いますが、沖縄はリゾートだけでなく、独特の歴史を巡る旅でもここでしか得られない感動を味わうことができます。特に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」は2000年に世界遺産に登録された世界の宝です。ちなみにグスクとは城のこと。日本の城とは一味違った異国情緒が感じられ、南国の王侯の優雅な暮らしが想像できます。ほかにも、王家に関わる聖地や陵、庭園などが含まれています。 世界遺産になっているのは城址など昔の姿が残っているもので、復元された建物などは入っていません。けれども、想像するだけでなく形として見られる壮大さ優雅さは、沖縄の歴史を肌で感じさせてくれるものです。

首里城は、やはり外せないスポット

首里城は琉球王国の首都に建つ城で、1429年から1879年まで王様の居城であり、政治の中心であり、聖地でした。1945年の沖縄戦で焼失しましたが、1992年に沖縄の本土復帰20年に際して復元され、沖縄のシンボルとも言える存在になっています。 首里城の敷地は広大で、メインとなる正殿に達するまでにいくつもの門をくぐっていきます。緑があふれ、独特の石が組まれた通路や壁も趣があります。 まず通るのは二千円札にも印刷されている守礼の門。日本の城でいう大手門にあたり、守礼とは礼節を守るという意味で、印象的な色彩のバランスのとれた美しい姿の門です。そこから正殿入口の手前までは無料エリアです。正殿は、鮮やかな朱色が印象的な大陸風なお城です。玉座など中まで見学できますが、土足厳禁です。建物も、そこから見える景色も素晴らしい必見のスポットです。